妊娠線はどうしてできるのか。

悩む妊婦さんの画像

遺伝も関係する
急に太ったときに肉割れができたことはないですか?妊娠線もそれと同じで皮膚が引っ張られることで亀裂が入りおこります。

皮膚が伸びやすく柔軟性のある方は、肉割れや妊娠線ができにくいですが、乾燥肌の人はできやすいといえます。

遺伝や体質はそれぞれ違いますから、妊娠線予防クリームを塗らなかったけど、まったく妊娠線ができなかったという方もいるのです。

乾燥肌だと思う方は、肌に潤いを与え柔軟に保つようにしてくださいね。

体型の変化が普段より激しいため
お腹の中の赤ちゃんの成長とともに、妊婦さんの体型は変化します。妊婦さんの体の中でも、お腹が一番変化しますよね。その他は、腰回りやお尻、胸や太ももにも脂肪が付きやすくなります。

急激に体が太ることで、皮膚はその変化についていけず負担がかかり、皮下組織に亀裂が入り妊娠線となるのです。妊娠すると運動不足やお腹の赤ちゃんの分までと、太りやすくなりますから、体重管理に気を付けるようにしましょう。

妊婦するとホルモンバランスが変化する
妊娠するとコルチコステロイドというホルモンが増えるため、このホルモンの作用によって、肌が生まれ変わるターンオーバーの働きを抑えたり、皮膚の代謝を抑える働きをするので、妊娠線ができやすい原因といわれています。

妊娠中は乾燥肌になりやすいため
妊婦さんはつわりなどでご飯がたべられなかったり、食いづわりでバランスを崩したり・・・また、運動不足や不眠症を引き起こしやすいため、普段のリズムを崩しやすいです。そのため、便秘などを引き起こしやすいので、水分不足や乾燥肌になりやすいのです。潤いのない柔軟性のない肌は、妊娠線ができやすいといえます。

 まとめ
妊娠線を防ぐためには、体重の急激な増加に注意したり、クリームやオイルで肌に潤いを与えたり、バランスよく食事をとることが大切です。妊娠初期は体調を崩しやすい時期でもありますが、妊娠線クリームやオイルは、お腹が大きくなる前から始めることがポイントです。

だけど、妊娠初期は匂いに敏感だったり、肌が敏感になったりする時期でもありますので、体調がよいときにクリームやオイルを塗るなど、徐々にはじめてくださいね。